まにわ農園の野菜づくり

 

まにわ農園の野菜は農薬や化学肥料を使わず、ボカシ肥料など有機質肥料のみで栽培しています。

化学肥料を使う野菜よりゆっくりと、時間をかけて大きくなります。

こうして育った野菜たちは味が濃く、シンプルな味付けでおいしくいただくことができます。

 

春の育苗には「踏み込み温床」という伝統的な技法を用います。

冬のあいだに集めた落ち葉を発酵させ、その発酵熱を利用して夏野菜やサツマイモの苗をつくります。

発酵が終わった落ち葉はさらに一年ほど寝かせると良質の腐葉土になり、その土で次の苗を育てることができます。(落ち葉は地元の松葉を使用)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中